Taffyのブログ

20代のサラリーマンが日常をちょっとだけ楽しくするためのブログ

【資産運用】僕が高配当株を買う理由

前回の更新からだいぶ期間が空いてしまいました。反省です。

 

今日は僕が行ってきた投資スタイルを改めて確認します。

 

基本的に僕の投資スタンスはデイトレードなどで利ざやを狙うのではなく、中長期的スパンで株を保有インカムゲインを得る運用方針を取っています。

なので株主優待・配当金を長期間に渡って受けることのできる銘柄を選ぶようにしています。

今日も高配当銘柄の代表格とも言える日産自動車の株を購入しました。

僕が購入した時点での配当利回りは4.9%でした。

5%(めんどくさいので四捨五入して5%と表記しますが)の配当利回りなんて見たことありません。

そしてリーマンショック後の2010年度以降、毎年増配を続けているという点も購入に至った要因の一つであります。

 

一体なぜ僕がこのように高配当・優待銘柄で運用を進める考えに至ったか、理由を以下にまとめてみました。

 

下落局面でも底が堅い

僕のような若輩初心者投資家は投資元金が多くないので、まずは安全に資産を増やす必要があります。

上昇相場の時は業績の好調な銘柄に資金を置いていれば自然と株価は上昇し資産価値も増えますが、そういった銘柄は往往にして下落局面にも弱く、振り幅が大きいのが特徴です。

その点、高配当・優待銘柄は個人投資家からの需要が根強くあります。

なので相場の下落局面においても売られにくく株価は底堅いためリスク幅が小さいと言えます。

 

 

株に関わる機会を増やし投資経験を積む

 

正直、初心者投資家がいきなりデイトレードに臨むのはかなりリスキーです。無謀といってもいいでしょう。

僕はどちらかというと慎重な性格なので、何かを始める前には入念に下調べをします。

学生時代から株式投資に興味があり勉強していましたが、実際に株を購入したことはありませんでした。何事も学んでいるだけでは1円も稼ぐことはできません。

学習によってインプットしたものをアウトプットし、何かしらの付加価値を生み出してこそその対価を得られます。

まずはリスクの小さい比較的安全とも言える銘柄で投資経験を積んだのち、短期トレードでキャピタルゲインを狙っていくのが当面の目標です。

 

今後もこのスタンスは変えずに、まずは20代のうちに資産1000万貯めるを目標にやっていきます。

 

 

 

 

 

現時点でのボーナスの使い道をまとめる

世のサラリーマンの皆さん。

お仕事お疲れ様です。

 

ついに西日本で梅雨入りが発表されました。

梅雨に入るとなかなか天気が優れない上に、6月は祝日がない唯一の月であるため土日以外の休日がない。

個人的にはあまり好きなシーズンではありません。

そんな中でも僕たちサラリーマンの垂涎の的がもうすぐやってきます。

そう、夏のボーナスです!!!

 

僕は2017年の目標の一つとして投資比率を高めることを掲げています。

なので今回の賞与は全て使いきって様々な投資に回したいと思います。

投資と消費(浪費)は紙一重のところもあるので、気づいたら全てなくなっていたなんてことのないように計画的に使用予定を立てます。

今日はその内訳について現在の考えをまとめていきます。

 

⒈海外旅行

実は去年は1年間海外旅行に行けませんでした。これは大いに反省しています。

若いうちに様々なものを見て、触れて、体験して、知見を深めることは非常に重要だと考えているからです。

国内外問わず様々な場所へ行き、色々な人と会い、そこで得た経験を通じて深みのある人間になりたいものです。

なので今年は有給もうまく活用して積極的に旅行に出かけようと思います。

そのためにボーナスの一部を旅行資金として預金に回します。

 

 

⒉スーツ

次に夏用スーツの購入費用です。

先日ジャケパンを購入したことは記事に書きましたが、新たにパンツを⒈本追加しようと思います。やはりスーツは1日着たら最低でも中1日空けたいです。

それに加えて汗を多くかく夏はどうしてもスーツの消耗が激しくなります。1週間着回すためにも最低でも3セットは欲しいものです。

また格好いいスーツを着ると仕事にやる気が出ます。

それが高いモチベーションで働くことにつながれば、自分へのいい投資と言えるでしょう。

なのでこれからビジネスファッションも少しずつ揃えていきます。

 

 

⒊録画機能つきHD

僕の家にはテレビはありますが録画機能は搭載されていません。

これまでどうしても見たいテレビはTVerYoutube等のOnlineで見てきましたが、正直非常にめんどくさいです。

ドラマや特番はそれでもいいのですが、毎日のニュース番組はそうはいきません。

WBSカンブリア宮殿をはじめとしたビジネス番組は、毎週(毎日)録画にして時間のあるときにまとめて見たいのでやはり録画機能は必須だと思いました。

やはり流行や経済ニュースには常に敏感にアンテナを張っていたいものです。

 

 

⒋金融資産の購入

余った金は全て金融資産にして運用。

海外株式も積極的に取り入れ、利回りの向上を目指します。

 

他にも自転車を購入しようか検討中。 

チャリあれば行動範囲もい広がるからなぁ…

【資産運用】Times駐車場を運営するパーク24の株価が下落していたのでとりあえず100株買ってみた

先週の木曜、日経新聞をチェックしていたらこんな記事が掲載されていました。

 

www.nikkei.com

 

駐車場を運営しているパーク24の決算が発表され、17年10月期第2四半期累計の純利益が前年同期比で7%減。

案の定、株式は売られ株価は下落。

モビリティ事業で車両を大幅に増やし、拠点の移動に伴うコスト増が原因とのことだったので、先行投資による一時的なコスト増と判断。

モビリティ事業に関してはシェアリングエコノミーが一層発達し、拡大していくこと思われるので国内の需要は根強く安泰でしょう。

3000円を割り込んでいたのでとりあえず100株購入しました。

しばらく様子を見てある程度上昇したら利確して売却しようと思います。

仮にそのまま下落し続けても優待を受け続けて、上昇した局面で売却しようと思います。

今後の株価の動向に注目です。

【筋トレ】ジムに通いたいけど一歩が踏み出せないという人は公営のトレーニング室がオススメ

今日は午前中、区営のトレーニング室にいってきました。

午前中にトレーニングを行うとダラダラすることなく一日を過ごせるので、非常に有意義な休日を過ごすことができます。

たまにはダラダラとする休日も好きですが、夕方頃になると一日を無駄にしたなぁと罪悪感に苛まれます。

休日であっても生産性のある時間を過ごしたいので、トレーニングは午前中に行うようにしています。

ダラダラと過ごす時間をやめて休日を有意義に使いたい!という人には、AMトレーニング非常にオススメです。

やはりサラリーマンである以上、健康な体は1番の資本だと思うのでそこに対する投資は欠かせないと思います。

ジムに通ってみたいけどなかなか一歩目が踏み出せないという人、僕の周りにも結構います。

通い続けられるかちょっと不安、高い入会金支払ったのに続けられなかったらどうしようといったような様々な要因で躊躇してしまう気持ち、非常にわかります。

そんな人にはまずは近隣の公営トレーニング室にいってみてはいかがでしょうか。

 

圧倒的なコストパフォーマンス

今日は区営のトレーニング室を利用しましたが、こちらは民間のジムとは異なり区が運営しているので、区内に住んでいる人であれば誰でも利用でき、ジムに通うよりも圧倒的にコスパがいいです

一回の利用ごとに支払いなので、民間のジムのように高い入会金を前払いする必要もありません。

そして一回あたりの金額も低く設定されているので、1歩目としては踏み出しやすいです。

区には毎月きちんと税金を納めているので、その対価はしっかりと回収しておきたいですしね。

今まで公営のトレーニング室というと、勝手な先入観から設備が不十分なのではないかと懐疑的な見方をしていましたが、決してそんなことはありませんでした。

一般的な筋力増進のために筋トレを行う人であれば、十分まかなえるだけの設備は整っています。

正直トレーニングに関して言えば自分は上級者の域に入っていると思いますが、そんな僕が見ても十分な器具は整っていると思いました。

基本的に上半身の大きな筋肉のみを鍛えているので、ベンチプレス、シットアップベンチ、懸垂マシーンがあれば満足できます。

ランニングマシーンやバイクは人気器具なので待ち時間が発生してしまいますが、こういった人気器具を使用することはほとんどないので、自分で決めたメニューを効率的にこなし、30分程度の滞在時間で終了します。

 

 

トレーニング後には栄養補給

そしてトレーニングが終了するとやることは一つ、タンパク質の補給です。

できるだけ時間を開けずに筋肉に栄養を与えてやることが、効率的に体を鍛えるためのコツです。

今日はこちらのサラダチキンを帰り道に近所のスーパーで購入しました。

最近はコンビニでも手軽に購入できることで、若者の間で流行っているそうです。

低カロリー、高タンパクなのでダイエット中の方にもオススメです。

パサパサした胸肉のようなイメージを持っていましたが、結構美味しいです。

味付けされているのでこのままでも食べられますし、名前の通りサラダに入れても合うと思います。

ゴールデンタイムに栄養も摂取したので、あとは寝る前にもう1度タンパク質を補給して十分に睡眠をとれば、明日には筋細胞の超回復が進んでいることでしょう。

 

 

東京だけでなく、全国の自治体にも公共の体育館やプール、そしてトレーニング室は設置されているので、興味のある方は調べてみてはいかがでしょうか。

区民の日と題して、月に何度か入場料が無料になる日もあるそうです。

まだジムにいったことがないけど、運動はしたいという人はこういった無料開放の日を狙っていくとハードルが下がると思います。

やっぱり運動って気持ちいいです。

定期的に運動して健康維持していきましょう。

【六本木デート】「savoy@麻布十番」で本格ピザを楽しんでからのナイトショーで「美女と野獣」になる黄金コース

こんにちわ。

昨日六本木ヒルズのTOHOシネマズで今話題の「美女と野獣」をナイトショーで見てきました。

f:id:TAFFY:20170603140549j:plain

 

 

僕が六本木という街が好きなことは以前にこちらの記事でも書いています。
taffy.hatenadiary.jp

 

この記事では偉そうに六本木の魅力について語っていましたが、その魅力の片翼を担うと言っても過言ではない映画館には行ったことがありませんでした。

約1ヶ月ぶりの六本木再訪となりましたが、その感想をつらつらと書いていきます。

 

 

本格ピッツァで腹ごしえ

まずは19:00にヒルズの蜘蛛のモニュメント前で待ち合わせ。

映画は21:25〜からの回を予約していたので、開始までに約2時間ほど時間がありました。

仕事終わりで腹も減っていたので、映画の前に軽く夕食を摂ることにしました。

彼女を待っている間に店を探すために食べログにログインすると、前から気になっていたお店がすぐ近くにあることを発見。

すぐに電話で席を予約したところ空いているとのことだったので早速予約しました。

それがこちら

 

savoy

 

僕の敬愛する柊ユウさんもこちらのブログで紹介されています。

www.pjomotesando.com

 

この記事を読んでから僕は食べログに行きたい!をつけていました。

そこで登録しておいたのが今回の検索でヒットしたというわけです。

冷静に考えれば華金のピークとも言える時間帯の六本木で、店を予約もせずにデートに向かう事前準備の怠慢はどうかと思いますが、すぐに入れるということだったので結果オーライ。

 

 

目の前で石窯焼きを堪能

TSUTAYA併設のスタバの裏側へ5分ほど歩いたところでお店に到着。

名前を告げて入店します。

中には10席ほどのカウンター席と2名掛け程度のテーブル席が1つ、すでに全て埋まっていました。

 

 目の前で生地を伸ばしそのまま石窯で焼いてくれるスタイルで、見ているだけでも十分楽しめます。

メニューにあるのはマルゲリータとマリナーラの2種類のみ。

マリナーラがよく分からなかったので訪ねてみると、ニンニクとオレガノ、オリーブオイルとトマトソースだけで焼いたシンプルなピザとのことでした。

チーズが乗っていない分、生地の味をより感じられるとのことです。

まずは王道マルゲリータとグリーンサラダ、そして生ビールを注文。

グリーンサラダは量が多く、2人で食べるのであればハーフで十分だと思います。

運ばれたきたサラダを食べているうちに、マルゲリータが目の前で焼き上げられていきます。

この工程を目の前で見ているだけでも、酒が飲めるくらいに手際が良い。

石窯はカウンターの目の前にあるので、その熱気が伝わってくるほどに近い距離で楽しめます。

生地は塩っ気が強く、モチモチ感と外側のカリッとした食感がうまくマッチしています。

ぺろっと1枚食べられてしまうので、2枚目にはマリナーラを注文。

マリナーラも十分に美味しかったのですが、ニンニクがとても強くデートには不向きかと…。

どちらかというと僕はマルゲリータの方が好みでした。

お店自体は回転もよく長居する雰囲気でもないので、食べ終わったらすぐに会計をして店を出ました。

 

 

TSUTAYAで好きな映画について語りあう

店を出ると、まだ時間があったのでスタバに寄りました。

ただここで飲み物を飲み過ぎてしまうと上映中にトイレに行きたくなる可能性があるのでセーブ。

TSUTAYAで本や映画のコーナーを物色。

ここのTSUTAYAは見ていると新しい発見が多くあり、ビジネスの参考にもなります。

本のコーナーでは雑誌や旅行本が多く、コーヒーを飲みながら楽しめる本が多く置いてあるなという印象でした。

映画は役者ごとにジャンル分けされているコーナーもあるので、この役者が出ている他の映画も見たい!といった思った時に便利ですし、それでなくても単に眺めているだけでも楽しいです。

「この映画見た!」とか 「これまじ泣けるよね!」とかデートっぽいこともしてました。

 

 

映画デートに「美女と野獣」は最適

そうこうしているうちに時間が迫ってきたので映画館へ向かいました。

予約してあった2番シアターのセンターやや後ろ気味のベストポジションにつきます。

この時間だというのに周囲を見渡すと、7割程度の席が埋まっていました。恐るべし六本木。

見終わった感想は、とにかくエマワトソンがむっちゃくちゃ綺麗。

基本的にはアニメーション版に忠実に作られているのですが、随所にオリジナリティーも感じられました。

ディズニーアニメは実写化してしまうと途端に安っぽくなってしまうのではないかと懸念していましたが、そこはうまく表現されていました。

特に僕が一番好きなシーンでもある朝の村の風景、クライマックスのダンスシーンなんかはとてもよく再現されていたと思います。

見終わった後は心が暖かくなったような気がして、久しぶりにディズニーランド行きたくなりました。

きっと彼女自身もベルに感情移入し、疑似恋愛を楽しんでいたことと思います。

映画が勝手に彼女の気分を高ぶらせてくれるなんて男としては最高ですね笑

 

 

満足感に満たされほっこりした気分で映画館を後にすると、すでに終電がなくなっていました(もちろん最初から計算した上でのプランですが)

ここから先は明言は避けますが、本物の「美女と野獣」なりきれたのか否か。

みなさんの溢れんばかりの想像力で存分に妄想を膨らませてもらいたいと思います。

【ローストチキンハウス丸の内店】丸の内でローストチキンを食べるならここ!!

こんばんは。

会社の飲み会があるとブログを更新できないのが歯がゆいのですが、昨日はそれ以上に収穫のある会でした。

この満足感にはいくつかの理由があるのですが、そのうちのひとつが訪れたお店が非常に美味しかったからです。

 

昨日訪れたのは丸の内にあるこちらのお店。

 

ローストチキンハウス 丸の内店

 

 

 

レストラン予約サイト一休.comを利用

会社のオフィシャルな飲み会は、幹事を務めることの多い僕が自分で店を選ぶのですが、今回は先輩が一休.comで見つけてきてくれたお店に行ってきました。

 

僕は基本的にお店を探すときは食べログを使用してきたので、一休.comで見つけたお店を訪れたのは初めてでした。

なので正直言って行く前は不安でした。

というのもいくつか理由があって、一休.comサイト内の内観写真はどれもお客さんが入っていない状態であったこと、そして見る写真が全てあまりにも綺麗に撮られていたこと等です。

 

以前ネットで探して行ったお店がトイレは男女共用なうえに清潔感が全くなく、店舗中に異臭が漂うという写真だけではわからないマイナス要素を多く兼ね備えた店でした。

料理も写真と異なり陳腐なものが多く、きっともう2度とそのお店に行くことはないでしょう。

このお店も店内の写真はお客さんがいない時のものが多く、小綺麗な感じで写っていましたが、実際は全く違いました。

ネットでお店を探していると、こういったかなりのハズレくじを引くことがあります。 

なのでネット上の写真が綺麗に撮られていても、それがお客さんが入っていない状態の写真だと編集・加工されている可能性があり、あまり信用はできません。

 

しかし今回訪れたローストチキンハウス丸の内店は、結論から言ってかなり当たりでした。

これから詳しく紹介していきます。

 

 

コース料理を利用

 今回は2時間飲み放題付きの¥5000のコースを予約しました。

 コースの料理はこんな感じです。

 

・生ハムとビーツのカルパッチョ
・ケールのシーザーサラダ
ブロッコリーのガーリックシュリンプ
・栗カボチャとほうれん草のクラフィティー
ローストチキン
・完熟トマトのアラビアータ
・伊達玉子のプリン

 

 個人的にはビーツやケールと言ったおしゃれ食材は普段あまり口にすることがないので、その時点でかなりテンションが上がっていました。

1品1品の味付けもちょうどよく、とても美味しかったです。

 

 

本日のメイン

そしてこちらのお店の看板メニューでもあり、本日のメインディッシュであるローストチキンの登場です。

 

 どーん

こちらは5人用の盛り付けでしたが、結構ボリュームがありました。

 

外の皮はパリッと、中は肉汁でジューシー」という美味しいチキンの常套句とも言える表現がまさにぴったりといった感じでした。

 

皆さん初めのうちは用意されたナイフとフォークで上品に召し上がっていたのですが、途中からかぶりつくスタイルに変更し、隅々までしゃぶり尽くし堪能しました。(半個室だったので周囲の目を気にせず楽しめるのもありがたい)

 

 

 

まとめ

今回訪れたローストチキンハウス、何と言ってもメインのチキンがとても美味しく、参加者の皆さんにはとても満足していただけました。

コース料理の量もちょうどよく、質・量・雰囲気どれを取っても非常に満足のいくものでした。

強いて懸念材料をあげるとすれば、駅ビルテナント特有の各店舗ごとにお手洗いが設置されていない点、店内は完全禁煙なので相手が喫煙者の場合は同フロア内の喫煙所に行っていただかなければいけない点でしょうか。

その点を差し引いても満足感は高いと思います。

今後の会食やプライベート利用の候補にも、レパートリーとして組み込んでいきたいと思います。

そして今回こちらのお店を予約時に利用した一休.com。

一休.com経由の予約で適用される特別割引も多く、またその割引率も高く非常に魅力的です。今後の幹事業務に欠かせない存在となってくれそうです。

今月もう一軒、一休.com経由で予約したお店があるのでそちらも今から楽しみです。

年間200パック以上の納豆を食べる僕が、本当に美味しい納豆ご飯の食べ方を紹介する

こんばんは。

 

突然ですがみなさん、朝ごはんはちゃんと食べていますか?

 

僕は基本的に毎朝食べるものが決まっています。

朝はパンではなくご飯派なので、毎朝炊飯器のタイマーをセットし炊きたてのご飯を食べてから出社するというのが僕の日常です。

 

そして基本的には毎朝納豆でご飯を食べます。

なので冷蔵庫には常に1〜2パックの在庫が常備されています。

簡単、美味しい、栄養価が高い。

納豆って素晴らしいと思いませんか?

 

しかし毎日同じものを食べているとさすがに飽きが来てしまいます。

そこで飽きが来ないよう、自分なりにアレンジを加えレパートリーを増やしています。

 

そんな納豆通の僕がオススメする本当に美味しい納豆ご飯の食べ方を紹介していきます。

f:id:TAFFY:20170530232730j:plain

 

⒈そのまま食べる

まずは一番オーソドックス、下手な味付けは一切せずそのまま食べる。

好みで薬味ネギを入れるのも王道パターンですね。

余計なものに邪魔されることなく納豆そのものの味をたっぷりと堪能できます。

これから紹介するどの食べ方にも言えることですが、納豆のかき混ぜ方にもコツがあります。

それはタレを入れる前に空気を入れ込むようにしてかき混ぜ、よーく粘り気を出すことです。そうすることでネバネバ感が増し、納豆の旨みを存分に引き出してくれます。

これには個人の好みはありますが、粘り気があればあるほど美味しさを感じられます。

 

 

⒉たまご納豆

別名「なったまご飯」

僕の実家では納豆と卵でご飯を食べるときはこう呼んでいました。

朝食の2大巨頭とも言えるこのコンビネーションは、挑戦したことがある人も多いのではないでしょうか。

白身を先に温かいご飯と混ぜエアリー状にした上で、卵黄と絡めた納豆をご飯の上に乗せて食べるというのが僕なりの食べ方です。

正直なったまご飯をするならこの食べ方はこの一択で決まりです。

しかしこの黄金コンビにも欠点があります。

それは納豆に含まれるビオチンという栄養素の吸収を、卵白に含まれるアビジンという成分が妨げてしまうということです。

要するに食べ合わせが悪いということですね。

しかし生卵白の食べ合わせが悪いということなので、加熱したゆで卵や温泉卵であれば問題ないということになります。

しかし美味しさで言えば圧倒的に生卵がオススメなのですが。。。

 

⒊しらす納豆

好みで大根おろしを入れるのも鉄板ですね。

しかしこのしらすと大根おろしという食べ合わせも相性が悪いと言われています。

大根にはしらすに含まれるリジンというアミノ酸の吸収を妨げる物質が含まれています。

お酢を加えることでこの問題を解決することができると言われていますが、味の保証はないので個人の責任でお願いします。

しらすと混ぜることで現代人が不足しがちなカルシウムも多く取れます。

イライラしやすい人、骨折していて1日も早く骨を再生したい人にはとってもオススメです。

 

⒊桜エビ納豆

実はこれテレビで焼肉屋を訪れたキムタクが注文していたのを見て以来、しばらくハマった食べ方でもあります。

キムタクの食べ方を見ていると僕と同じでよーく粘り気を出して食べるタイプの人でした。(←どうでもいいことだけどちょっとだけ嬉しい)

こちらは桜エビの代わりに小エビでも代用できます。

この食べ方でもしらす納豆同様、たくさんのカルシウムを摂取することができます。

エビの歯ごたえも感じられて食感も楽しめます。

 

 

⒋キムチ納豆

お次に紹介するのはキムチを加えた韓国風納豆ご飯です。

キムチには新陳代謝の促進、脂肪燃焼効果があるとされています。

キムチに含まれる乳酸菌と、納豆の納豆菌を同時に摂取することで相乗効果が生まれ、腸内環境を整えダイエット効果も期待されます。

日本の伝統食である納豆と韓国を代表する国民的食材キムチを混ぜ合わせたいわば”日韓融合型最強健康食品”と言えます。

そしてもちろん言うまでもなく味もマッチします。

 

⒌ウメ納豆

今日紹介する中で個人的に最もオススメするのがこのウメ納豆です。

こちらも好みで大根おろしを入れても美味しいです。

実はこの食べ方は納豆食わず嫌いの人を食べられるようにした食べ方でもあります。

コツは梅干しをすりつぶしてよく混ぜることです。そうすることで納豆全体に梅干しの酸味が広がり、さっぱりとした味に仕上がります。

納豆が苦手な人でも梅干しの味が自然と強くなるので、非常に食べやすいです。

またこれからの時期は暑さで食欲が出ないこともあると思います。

そんな時にもさっぱりとして食べやすく、体にもいい。

 

 

 

非常に健康にいいとされる納豆ですが、1度に過剰に摂取してしまうと健康に悪影響を及ぼす栄養素も含まれています。

そのうちの1つがプリン体です。

実は納豆1パックにはビール大瓶1本よりも多くのプリン体が含まれているので、痛風持ちの人は注意が必要です。

適量は1日に2パックまでと言われています。

何事も1度に多量に摂取するのではなく、毎日少しずつ食べていくのがいいのですね。

長年日本人の健康を支えてきた伝統食である納豆。 

これからも僕の健康体の下支えとなってくれること間違いなしです。